投稿の殿堂は、ハイクオリティなインディーズミュージシャンを発掘、応援する音楽サイトです。


L'URI
[オフィシャルサイト]


▲曲を聴いて気に入ったら拍手ボタンClick!
PROFILE
片山泉(Vo, G, P, Song Writing)と宝田武邦(Cho, G, B, Sound Engineering)の 二人によるポップデュオ。1991年にトリオのロックバンドとして結成し、 都内のライブハウスなどで活動を始める。2009年にアルバム「Fool’s Journey」を 英語盤・日本語盤同時リリース。
iTunesやAmazonなどネットを通じて世界で販売し、 米国のインディーサイトでは「ベスト女性ボーカル」をはじめ多部門で受賞。
日本ではCS放送の番組テーマ曲のアレンジも手掛けている。

★CDはこちらのオンラインショップで購入していただけます。
グリーンティー・オンラインCDショップ
http://www.luri.jp/shop.html

MESSAGE
初めまして、L’uriです! ロックからワールドミュージック、 アコースティックからエレクトリックまで、様々なサウンドを織り交ぜて、 私たちなりのポップミュージックを作り続けています。英語でも作詞し、 歌うようになったのは最近ですが、おかげで音楽の幅も、聞いてくださる人も 広がってきたみたいです。これからもみなさんに楽しんでいただける歌を 作っていきますので、どうぞ応援してくださいね!


BACKNUMBER
  • どういうわけか、カントリー


  • L'URI
    INFORMATION ARTIST OFFICIAL SITE

    こんにちは、ボーカルの泉です。

    震災以降、ブログの更新がなかなかできなくなってしまい、ごめんなさい!

    でも、ちゃんとニューアルバムの制作は続けています。

     

    先週は、一足早めの夏休みに入って、7曲目の歌詞を書き上げました。

    これがまた、L'URI らしいカントリー・テイストの曲です。

    そう、私の作る曲って、昔からなぜか「カントリーっぽい」って言われることが

    多いんですよね。バンジョーやフィドルを使ってるわけでもないのに。

     

    確かに、小学生の時に初めて好きになったアーティストは、「故郷に帰りたい

    (カントリー・ロード)」で有名な、ジョン・デンバーでした。

    今、もしカントリー好きな小学生がいたらかなり珍しいと思うけど、その当時だって

    そんなに流行ってたわけではなく、ジョン・デンバーを知ってる友達なんてゼロ。(笑)

    その後、中学では全米TOP40とかの流行りものを聴くようになったり、

    高校ではR&RやR&Bと、どんどん志向が変わっていったので、それ以来

    カントリー・ミュージックとはまったく縁がありません。

     

    それなのに、無意識にカントリーの香りがしてしまうなんて、三つ子の魂百までというか、

    やっぱり子どもの頃に好きだったものって、体に染みついてるのかな~、と思います。

    まあ、カントリー・テイストの曲なんて、普通は自然に作れるものではないと思うので、

    これはこれで大事にしていくといいのかな、って気も・・・。

    できれば、テイラー・スウィフトやシャナイア・トゥエインみたいな、ポップで洗練された

    カントリー・サウンドに仕上げたいですね~。

     

    Last update:2011年7月31日 18:10 | コメント(0)