投稿の殿堂は、ハイクオリティなインディーズミュージシャンを発掘、応援する音楽サイトです。


L'URI
[オフィシャルサイト]


▲曲を聴いて気に入ったら拍手ボタンClick!
PROFILE
片山泉(Vo, G, P, Song Writing)と宝田武邦(Cho, G, B, Sound Engineering)の 二人によるポップデュオ。1991年にトリオのロックバンドとして結成し、 都内のライブハウスなどで活動を始める。2009年にアルバム「Fool’s Journey」を 英語盤・日本語盤同時リリース。
iTunesやAmazonなどネットを通じて世界で販売し、 米国のインディーサイトでは「ベスト女性ボーカル」をはじめ多部門で受賞。
日本ではCS放送の番組テーマ曲のアレンジも手掛けている。

★CDはこちらのオンラインショップで購入していただけます。
グリーンティー・オンラインCDショップ
http://www.luri.jp/shop.html

MESSAGE
初めまして、L’uriです! ロックからワールドミュージック、 アコースティックからエレクトリックまで、様々なサウンドを織り交ぜて、 私たちなりのポップミュージックを作り続けています。英語でも作詞し、 歌うようになったのは最近ですが、おかげで音楽の幅も、聞いてくださる人も 広がってきたみたいです。これからもみなさんに楽しんでいただける歌を 作っていきますので、どうぞ応援してくださいね!


BACKNUMBER
  • なぜか世界で人気の「春・夏・秋・冬、きみと」
  • ボーカル2曲、練習してます。(宝田)
  • 好きなアーティストを言えるアルバムに。
  • ライブでやってきた2曲とは・・・


  • L'URI
    INFORMATION ARTIST OFFICIAL SITE

    みなさんは、音楽配信はどんなサービスを利用されてますか?

     

    よく知らないんですけど、私たちの曲の試聴やダウンロードの結果を見ると、

    今、「Rhapsody」とか「Spotify」とかのサービスを利用している人が多いみたいで、

    iTunes とかよりも断然多いんです。

    でも、これって日本では利用できない、欧米でのサービスですよね?

     

    それで、それらの音楽配信経由で試聴やダウンロードされているのは、MHMでも

    ランクインさせていただいた「Roses in Your Heart」や、R&Rなノリの

    「Eastern Canaries」だったり、やっぱりセカンドアルバム「Fool's Journey」の曲が

    中心なんですが、たまにファーストアルバム「Green Notes」の曲の場合もあります。

     

    中でもダントツが、この「春・夏・秋・冬、きみと」。

     

    ファーストアルバムの発売から5年経っても、いまだにこの曲を気に入って聴いて

    くれる人がいるなんて、うれしいです。

    それもどうやら日本の人ではないようなので、不思議・・・。

    日本的な情緒感のある曲だと思うので、J-POP好きな人が聴いてくれてるんでしょうか?

     

    もちろん、日本でもこれがいい!と言ってくれる人はいて、ある経営者の方は、

    「もしうちの会社がCMを作れるようになったら、ぜひこの曲を使いたい」なんて

    言ってくれました。

    いつか実現するといいですね~ (*^^*)

     

     

     

    Last update:2010年11月25日 11:06 | コメント(0)

    こんにちは。L'URI の宝田です。

    連日、ニューアルバムに収録する曲のアレンジや録音作業に励んでいます。

     

    前作「Fool's Journey」では、日本語盤で「花咲島」を、英語盤ではハワイ語の

    「Blooming Island」でメインボーカルを取りました。

    今回もまたやろうということで、2曲練習中で、うち一曲は英語詞にチャレンジ。

     

    英語の曲って、発音に気をつけると音程が崩れ、音程に気をつけると

    ノリがイマイチになったりする難しさがあります。でもカラオケと違って、

    自分の歌い方次第でその曲の雰囲気を作り出せる醍醐味があるから、

    やりがいがあってとっても楽しい~。

     

    特に、今回の2曲は片山との共作でもあり、「Blooming Island」とは

    まったく違う曲調でもあるので、みなさんにも新鮮な気持ちで楽しんで

    もらえるんじゃないかなと思います。

    とりあえず、歌いこなせるように頑張ります!!

     

     

    Last update:2010年11月19日 08:26 | コメント(0)

    毎日秋晴れ! アルバム作りにも気持ちよく取り組めて、素晴らしい秋~。(^^)

     

    手掛けているのはまだ数曲ですが、今度のアルバムはやっと、

    「好きなアーティストを言える」アルバムになりそうです。

    というのは、私たちがどんな音楽を作りたいかといえば、本当はスティングや

    アニー・レノックスのような、大人のポップス。

    でも、今までのアルバムでそれを言うと、正直、

    「え? どこが?」と言われそうで、言えませんでした。(笑)

     

    それはたぶん、私たちの好きなジャンルがラテン系だったり、R&Rだったり

    R&Bだったりとごちゃごちゃで、今まではそれを消化するのに精いっぱい

    だったから。

    でもやっと前回のアルバムでそれは達成できたと思うので、今度はすべて

    消化したうえで、オリジナルな境地を確立しなきゃなー、と思います。

    (かなり遅いけど・・・)

     

    J-WAVE の方でキャッチフレーズをつけていただいたとおり、

    「ほんとに『大人の癒し系 Pops』だね!」と言われるようなアルバムを、

    今度は完成させたいし、そうなりそうだな、という気がしています。

     

     

    Last update:2010年11月11日 09:58 | コメント(0)

    ようやく秋晴れ、気持ちいい~ですねー!

    咳の風邪が流行っているようですが、みなさんはお元気ですかー?

    私たちは一応元気で、日々コツコツとニューアルバムの制作に励んでます。

     

    そうは言っても、進んだり進まなかったりするのが現実・・・。

    「この線でいける!」と思っても、なんかイマイチな方向に進んじゃったりして、

    しばし暗礁に乗り上げ・・・。

    まー、そんな中でも、これまでライブでやってきた2曲で、今回初めて

    アルバムに入れようと思っている曲は、さすがに曲の世界観も定まっているので、

    けっこう完成に近づきつつあります。

     

    それはどの曲かというと・・・、

    「山開きの歌」と「SUOMI(すをみ)」。

    長年 L'URI を聴いてきてくださった方は、「おお~、やっと来たか」という感じでしょう。

    どちらも20年くらいライブでやってきた曲です。

     

    特に「山開きの歌」は、ライブで「すごくいい!」と言ってくれる方が時々いらっしゃる曲で、

    しかもそれが20~30代の男性から小学生の女の子まで、さまざまな層の方なのが特徴。

    今回のアルバムでは、「山開きの歌」の本来の良さ、牧歌的な感じや大陸的な感じが

    出るように、できるだけシンプルに、アコースティックなアレンジで仕上げたいと思っています。

     

    それに対して、「SUOMI(すをみ)」は、もともとSUOMI=フィンランドなので、

    森や湖を想像させるような、神秘的な感じで極めて。。。(^^)

     

    とにかく、前作でできなかったことを今回のアルバムではたくさんやってみたいと

    思っているので、どうぞお楽しみに~♪♪

     

     

    Last update:2010年11月 4日 09:51 | コメント(0)