投稿の殿堂は、ハイクオリティなインディーズミュージシャンを発掘、応援する音楽サイトです。


L'URI
[オフィシャルサイト]


▲曲を聴いて気に入ったら拍手ボタンClick!
PROFILE
片山泉(Vo, G, P, Song Writing)と宝田武邦(Cho, G, B, Sound Engineering)の 二人によるポップデュオ。1991年にトリオのロックバンドとして結成し、 都内のライブハウスなどで活動を始める。2009年にアルバム「Fool’s Journey」を 英語盤・日本語盤同時リリース。
iTunesやAmazonなどネットを通じて世界で販売し、 米国のインディーサイトでは「ベスト女性ボーカル」をはじめ多部門で受賞。
日本ではCS放送の番組テーマ曲のアレンジも手掛けている。

★CDはこちらのオンラインショップで購入していただけます。
グリーンティー・オンラインCDショップ
http://www.luri.jp/shop.html

MESSAGE
初めまして、L’uriです! ロックからワールドミュージック、 アコースティックからエレクトリックまで、様々なサウンドを織り交ぜて、 私たちなりのポップミュージックを作り続けています。英語でも作詞し、 歌うようになったのは最近ですが、おかげで音楽の幅も、聞いてくださる人も 広がってきたみたいです。これからもみなさんに楽しんでいただける歌を 作っていきますので、どうぞ応援してくださいね!


BACKNUMBER
  • ただいま夏休み中です・・・
  • カバキーニョとの出会い
  • アルバムの感想をいただきました。


  • L'URI
    INFORMATION ARTIST OFFICIAL SITE

    猛暑が続いていますが、みなさん体調は大丈夫ですか~?

     

    私たちL'URI は、ちょっと早めの夏休みを取らせていただいてます。

    残念ながら旅行に行ったりはできないけど、私はエステに行ったり、美容室で

    ヘッドスパを受けたりなど、普段できないことを楽しんでいます。(^^)

    そして明日は、都心のホテルに一泊して、羽を伸ばす予定。

    ちょっとした夏休みだけど、暑さで疲れた体や心をリフレッシュできるといいな~。

     

    みなさんも、こんな毎日だから、無理しないでたくさん休養を取ってくださいね~!

     

     

    Last update:2010年7月28日 11:02 | コメント(0)

    今日は、前回のライブで弾いた小型の4弦ギター「カバキーニョ」について、

    宝田が書きます。

     

    カバキーニョとの出会いは20年くらい前、知り合いのギタリストがネルソン・

    サルジェントという超高齢のサンバ歌手と競演したのを、テレビで見た時でした。

    渋い歌声に美しくからむギターのメロディー、サラッと自然に流れる複雑なハーモニー。

    さらに、軽やかなパーカッションと呼応するようにリズムを刻む、涼しい音色の

    カバキーニョ。この小さい編成の中の全てが洗練されていて、もう釘付けに。

    興奮冷めやらぬうちに、その後まもなく購入して、オリジナル曲で使い始めました。

     

    ただスティール弦でフレットの幅が狭いので、弾きにくいし、何より指が痛い。

    それでもアレンジを考えている時に、楽曲に意外な雰囲気を持ち込めたりして、

    とてもありがたい存在です。また、それまでライブでギターの取り回しに困っていた

    片山には、弾かない時は片手で持てるし、空いた手でシェイカーも振れるというので、

    この楽器は伴奏用として重宝しました。

     

    あとは、見た目でウクレレとよく間違えられますけど、ウクレレ=南国・ハワイアン的な

    固定イメージがこの楽器にはそんなにないのもいいかな、ということで、

    サンバの伝統的な弾き方は全くせず、マッチすると思えばどんな曲でも使って

    しまいます。

     

    こちらのページの「ユア・ライク・ミー」「じぶんできめたこと」という曲で、その音色を

    聴いてみてください。

    L'URI オフィシャルサイト・ビデオギャラリー

     


     

    Last update:2010年7月14日 11:45 | コメント(0)

    こんにちは! 毎日蒸し暑くていやですね~(^-^;

     

    「投稿の殿堂」に殿堂入りさせていただいてから、一人また一人と、私たちのアルバム

    「Fool's Journey」を買ってくださったり、iTunes でダウンロードしてくださったりする方が

    増えて、とても感謝しています。

    今日は、その中のお一人からアルバムについての感想をいただいたので、紹介しますね。

     

     *  *  *  * *  *  *  * *  *  *  * *  *  *  *

     

     購入してから毎日聴いています。

     まず、曲の配列が完璧。 

     一曲目の「ラブ・マイセルフ」から、「おぉ~これが最初かぁ」と引き込まれ、前半最後の

     五曲目「花咲島」で、「これを、ここかぁ、これで締めくくるとは流石! ここまで曲、流れ、

     全て完璧!」  

     そして「イースタン・カナリーズ」でまた引き込まれ、最後の「ラブ・マイ・ライフ」で 

     「凄い、これ完璧じゃん!」 

     

     で、このアルバムはどれも良い曲なんで、一曲だけ摘んで聴いても良いんですが、 

     最初から順番に通して最後まで聴いた方が、より良い感動がこみ上げてくると思う。 

     まるでコンセプト・アルバムのようで、「ラブ・マイ・ライフ」が短編映画のエンディング・

     テーマのような感動がある。

     なので、このアルバムはちゃんと時間を作って通して聴くようにしています。  

     

     一回聴いても また聴きたくなる。なんでだろうと思う。なんでと思うからまた聴く。

     そんな感じです。

     

      *  *  *  * *  *  *  * *  *  *  * *  *  *  *

     

    素晴らしい感想、どうもありがとうございます!

    そんなに聴きこんでいただけて、私たちがアルバムに込めた思いをわかっていただける

    なんて、ほんとにうれしいです!

    この夏も、ぜひ「Fool's Journey」をお供に、楽しんでくださいね♪♪

     

     

     

    Last update:2010年7月 5日 11:22 | コメント(0)